山口達也の今後について!復帰は?TOKIO解散の可能性も調査!

 

前回は山口達也さんが再入院した病院のことをお伝えしました。

山口達也の再入院した病院はどこ?久里浜医療センターとは?評判もリサーチ!
さてTOKIOの山口達也さんが謝罪会見後、再入院したそうです。 山口達也さんの謝罪会見で手が震えているのをみて緊張からかなと思って いましたが手の震えはお酒が切れるとでるアルコール依存症の典型的な 症状の一つのよう...

その後TOKIOの他のメンバー4人が東京都内ホテルにて記者会見をし、

山口達也さんがTOKIOを脱退しジャニーズ事務所を退社する意向を示した

ことを明らかにしました。

とはいっても山口達也さんの処遇はまだ決定したわけではありません。

TOKIOは1994年に結成されデビュー25周年に向けてアルバム制作を

進めていたそうですが音楽活動は白紙になったとのことです。

記者会見で4人はそれぞれの思いや考えを吐露していました。

リーダーの城島茂さんはTOKIOの前身「城島茂バンド」の時から山口達也さんと

ユニットを組んでいました。

山口達也さんとは一番長い付き合いです。

信頼を裏切られる形になり戸惑う気持ちもあるのでしょう。

山口達也さんの退職願をどうするべきか決めかねているようでしたね。

ということで山口達也さんが今後、どうするのか予想してみました。




山口達也の今後について!

 

山口達也さんは現在、アルコール依存症の治療のため再入院しています。

山口達也さん本人はアルコール依存症を認めておらず、アルコール依存症の

診断も出ていないそうですが、肝臓を休ませるために入院し、退院後すぐ

飲酒をして問題行動を起こしてしまったことを考えるとお酒に関する問題を

抱えていることは明らかです。

再入院先の病院としてアルコール科があり、日本で初のアルコール依存症の

専門病棟を設立した久里浜医療センターではないかと噂されているようです。

久里浜医療センターは東京ドーム3倍の敷地内に病棟があり自然に恵まれた

環境にあります。

患者の自主性を尊重した治療方法はストレスがたまりにくく評判も良いようです。

山口達也さんはTOKIOを本当に脱退するのか、芸能活動を続けていくのか今後

どうするにしてもアルコール依存症の治療をしなければ何事も始められないですよね。

アルコール依存症の治療期間はどのくらいかかるのか調べてみました。

2013年の厚生労働省の調査によると日本国内に109万人のアルコール依存症患者

がいると推測されています。

しかし治療を受けている患者数は年間4万人と推測されていて治療が必要なのに

受けていない人が多いのです。

標準として断酒教育入院は2~3ヶ月、脳がアルコール依存していない状態に

なるまで一般的に2~3年かかるといわれています。

今後、山口達也さんが芸能活動をするかは不明ですが治療に時間がかかりそうです。

スポンサード リンク
 




 

復帰は?

 

山口達也さんがTOKIOを脱退する意向を示したためなのか、ジャニーズ事務所の

ホームページからは写真が削除されTOKIOのメンバーは4人に変更になりました。

でもまだ正式に山口達也さんのTOKIO脱退が決定したわけではありません。

ファンの中には山口達也さんがTOKIOに復帰してほしいという意見もあるようです。

山口達也さんがTOKIOに復帰することはありえるのでしょうか。

個人的に復帰する可能性は現状では極めて低いと思われます。

本人が脱退の意向を示したことと、今の山口達也さんの状態では活動する

ことが難しいと思うからです。

また山口達也さんを兄のように慕っていた松岡昌宏さんの厳しい言葉にも

山口達也さん復帰の余地はないのでは?と感じました。

アルコール依存症は肝機能障害などの身体的障害のほかに心にも大きな

影響を及ぼし、アルコール依存症患者の4割がうつ病を合併するといいます。

山口達也さんが退職願を持参した時は憔悴しきった様子だったそうです。

うつ病を発症しているという情報はありませんが精神的にかなりまいっている

状態ではあるようです。

TOKIO復帰に限らず、仕事に復帰するにはきちんと治療をし社会生活が

出来るようにならないと難しいと思います。

 

TOKIO解散の可能性も調査!

 

山口達也さんの事件をうけてTOKIO解散の可能性も調べてみました。

ジャニーズ事務所は山口達也さんを無期限謹慎処分としています。

以前からリーダーの城島茂さんは一人でもメンバーが抜けたら芸能界から

引退するという主旨の発言をしていました。

それだけのTOKIOに対する想いと覚悟を持っているということでしょう。

まさか実際にこんなことになるとは思ってもみなかったと思いますが。

城島茂さんはじめメンバーは大きなショックを受けたと思います。

城島茂さんは自分の発言について4人の活動に励ましの声があることをあげ

これ以上周りに迷惑をかけることはならない、それもリーダーの責任だとし

当面の間、4人でTOKIO継続する意向を示しました。

数年先のTOKIOとしての仕事も入っているようですしTOKIO解散の可能性は

今現在はないようです。

そもそも連帯責任というのは個人的におかしい話だと思います。

他のメンバーに非はないですからね。

音楽活動は休止するようですが山口達也さん以外の4人にはバラエティや俳優業、

司会などそれぞれ今後も活躍してほしいですね。

 

まとめ

 

今現在、山口達也さんは両親とお兄さんに支えられている状況だそうです。

アルコール依存症は精神に大きな影響も与える病気です。

支えてくれる家族がいるのは救いになるのではないでしょうか。

今までTOKIOとして築いてきた他の誰にもマネできない農業や林業、漁業に

携わる新しいアイドルの形。

山口達也さんは何をやっても器用にこなして率先して活躍していたのに

残念だなあとつくづく思います。

スポンサード リンク
 




コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。