辰巳芳子の現在は?結婚と家族について!料理教室といのちのスープも調査!

こんにちは。

今回は料理研究家の辰巳芳子(たつみ・よしこ)さんについてです。

辰巳芳子さん「いのちのスープ」「玄米スープ」で有名な方です。

辰巳芳子さんの名前を知らない方でも「いのちのスープ」は聞いたこと

があるのではないでしょうか。

辰巳芳子さん「いのちのスープ」とは、何がきっかけでどんな作り方で

作られたスープなのか調べてみました。

今回は辰巳芳子さんについて「いのちのスープ」以外のことも

調べてみました。




辰巳芳子の現在は?

まずは辰巳芳子さんの経歴とプロフィールからみてみましょう。

辰巳芳子さんは1924年12月1日、東京の目黒区に生まれました。

大正13年生まれなんですね。2018年現在、93歳です。

93歳の現在でも鎌倉の自宅で「スープの会」を主宰し、家庭料理の大切さを

伝え続けています。

辰巳芳子さんの父は大成建設の常務取締役、辰巳芳雄さん、母は料理研究家の

草分け的存在だった辰巳浜子さんです。

辰巳芳子さんの母、辰巳浜子さんは家庭料理、家事差配の名手として現在も

語り継がれる方です。

辰巳芳子さんはそんな母の傍らで料理を手伝いながら、その姿勢を学びました。

辰巳芳子さんは宮内庁大膳善寮で修行した加藤正之さんにフランス料理を習い、イタリア、

スペイン料理も深く研究しました。

辰巳芳子さんは現在、「大豆100粒運動」の会長を務めています。

辰巳芳子さんの食べ物はいのちに直結しているという考えから、食育の一環として

小学校から始まった「大豆100粒運動」。

子供の手のひら一杯で約100粒の大豆を持てることにちなみ、名前が付けられました。

子供たちが大豆を自分たちで育て食べることで食の大切さを学んで貰おうとしています。

大豆は日本の食文化に欠かせない食材です。

辰巳芳子さんは大豆の自給率5%に危機感をおぼえ、日本の食文化を見直し

立て直していこうと、この「大豆100粒運動」を提案しました。

他にも辰巳芳子さんは安全で良質な食材を次の世代へという思いから

「良い食材を伝える会」会長、「確かな味を造る会」の最高顧問もされています。

スポンサード リンク
 




 

結婚と家族について!

辰巳芳子さんは1944年に早稲田大学生の男性と婚約しています。

ところがほぼ同時に婚約者のフィリピン出征が決まってしまいます。

辰巳芳子さんの父は先方の家に婚約を撤回しに行きますが

死ぬとわかっているから結婚しないのはおかしいと辰巳芳子さんは

自分の意志で結婚します。

辰巳芳子さんと夫の結婚生活はたった3週間でした。

9月に夫はフィリピンのセブ島に向かう途中で戦死しました。

その後辰巳芳子さんは50年間、この結婚は良かったのかと考え続けていた

そうですが、ある日テレビでセブ島近くの野ざらしの日本兵の亡骸を

見たそうです。

それで思いたち、辰巳芳子さんがセブ島の地に立ち感じたのは同じ戦死

でも待っている人がいるのといないのとでは心持ちが全然違うだろう

ということでした。

辰巳芳子さんはそれから結婚して良かったと思えるようになったそうです。

3週間しか一緒にすごせなくても夫も同じ気持ちだったと思います。

出征することが分かっているのに結婚してくれて感謝していたのでは

ないでしょうか。

 

料理教室といのちのスープも調査!

 

 

【楽天】
 

辰巳芳子さんといえば「いのちのスープ」です。

「いのちのスープ」が生まれたきっかけは何だったのでしょうか。

辰巳芳子さんの「いのちのスープ」の原点は脳梗塞で倒れ、食べ物を飲み込むことが

困難になった父に母と娘で様々な工夫をして作ったスープです。

その作り方は季節の野菜を使い、切り方も均等に火が通るようにと決まっています。

もちろん出汁にもこだわります。

それがいつしか評判となり辰巳芳子さんのスープは「いのちのスープ」と呼ばれ緩和ケア

病棟の医療従事者の方たちが作り方を教わりにやってくるようになりました。

辰巳芳子さんの玄米のスープの作り方はこちら

丁寧に手間暇かけて作っているのがわかりますよね。

普段私が作るスープは食材を煮て味付けして終わりです。

辰巳芳子さんの「いのちのスープ」のようにじっくり時間をかけると栄養が余すところなく

しみ出してくるんでしょうね。

辰巳芳子さん料理教室は3つありますが、鎌倉スープ教室は現在、募集はしていません。

辰巳芳子さんは反復することで手仕事になるという考えから鎌倉スープ教室は3年間

通える方を対象としています。

前回の募集から3年経っていないのかもしれませんね。

杜の会教室は1年間でスープの基本を学べる教室ですが、2017年12月に募集は

終了しています。

腰越教室は3年間、年9回学べる教室です。

こちらも募集は終了しています。

やはり辰巳芳子さんの料理教室は人気が有るようです。

 

まとめ

 

今、仕事をしながら家事をこなす女性は多く、料理は時短が求められている時代です。

辰巳芳子さんのスープの作り方は時間がある人でないと無理と思うかもしれません。

でも辰巳芳子さんの丁寧に作られたスープ食べてみたいなと思いませんでしたか?

家族に食べさせたいなと思いませんでしたか?

もしそうなら気持ちと時間に余裕がある時にチャレンジしてみてもいいかもしれません。

 

スポンサード リンク
 




コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。