鈴木沙織(スキー)の出身高校と大学は?彼氏や経歴も調査!

いよいよ2018年2月9日から2月25日に韓国の平昌(ピョンチャン)で

冬季オリンピックが開催されますね。

楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

冬季オリンピックといえば私の中ではスケートとスキーフリースタイルです。

スケートは選手たちの美しい華麗な演技にうっとりしますし

スキーフリースタイルは神業的な演技に熱くなります。

私は雪国生まれで、小学校からスキー授業があったにも関わらず

八の字でしかスキーを滑れない運動オンチです。

スピードが出るのが怖くて、常にへっぴり腰ですよ。

滑って転ぶ方が得意です。

そんな私から見たら、どの種目の選手たちも凄いんですけどね。

今回は冬季オリンピック出場を狙うちょっと変わった経歴をもつ

スキーフリースタイルの鈴木沙織さんをご紹介します。




鈴木沙織(スキー)の出身高校は?

 

スキーフリースタイルの鈴木沙織さんは1990年1月9日生まれの28歳(2018年)です。

出身高校は山形県立山形中央高等学校です。

高校生まではアルペンスキーの選手だったそうです。

3歳からスキーを初めて、小学校5年生から本格的にアルペンスキーを

始めたそうです。

これは雪国あるあるですね。

大抵の雪国の子供は3歳位から遊びでスキーをしますね。

今もあるかわからないですが、幼児用のミニスキーというのが

ありまして、それを履いて遊んでいました。

話がずれましたね。

そして鈴木沙織さんは出身高校であるスキーの強豪高校、

山形県立山形中央高等学校に進学します。

高校卒業を前に、大学へのスポーツ推薦の話もあったそうです。

スポンサード リンク
 




 

出身大学も調査!

鈴木沙織さんの出身大学はどこなのか調べてみました。

鈴木沙織は大学へのスポーツ推薦の話があったのですが、

大学へは進学しませんでした。

怪我をして選手生命が断たれたわけではなく

両親のことを考えての決断でした。

スキー競技はお金がかかり負担をこれ以上かけたくない思いと、

手に職をつけたいという希望から資生堂美容技術専門学校へ進学します。

美容師免許を取得し卒業後は美容師の道へ進みます。

鈴木沙織さんはスキー競技をやるなら本気でやりたかったそうですが

両親に迷惑をかけたくないとスキー競技への道を封印しました。

 

彼氏もチェック!

鈴木沙織さんもスキーフリースタイルの選手といえど、一人の女性です。

余計なお世話ですが彼氏の存在が気になりませんか?

ブログやインタビューを拝見するとスキーの事ばかりで彼氏の情報は

見当たりませんでした。

スキー選手で男性の友達は多そうな感じですね。

今は平昌オリンピックでメダルと獲得することに集中していて

彼氏どころじゃないかもですね。

 

経歴も解説

鈴木沙織さんは山形県長井市出身です。

3歳からスキーを始め、山形県長井市立豊田小学校5年生から

山形県長井市立南中学校を経て山形県立山形中央高等学校までは

アルペンスキー選手でした。

資生堂美容技術専門学校を経て美容師になります。

就職し引っ越した部屋の近くに室内スキー場があり

そこで一度滑ってみたらスキーをやりたい気持ちが抑えられなくなったそうです。

復帰するからには頂点を狙いたいと20歳でスキーフリースタイルに転向します。

スロープスタイルの辻麻衣子さんの動きに惚れ込んだ鈴木沙織さん。

辻麻衣子さんを指導していたコーチに直談判します。

その後パチンコ店でアルバイトをしながら競技生活を送っていました。

2016年4月に城北信用金庫に入庫しました。

 

【経歴】

2010年7月からスキーフリースタイルを始める。

2011年 リザルトキングオブハープ 3位

2012年 コロラド FISレース 4位

(2013年 右膝前十字靭帯を切る怪我を負う)

2015年 アスペンオープン FISレース 3位

    レボリューションツアー FISレース 優勝

    ニュージーランド ワールドカップ 4位

    デューツアー(世界選抜)8位

2016年 マンモスマウンテン ワールドカップ 4位

(2017年2月に右膝半月板損傷の大怪我を負ったが10月に復帰する。)

 

まとめ

 

元美容師という経歴を持つ鈴木沙織さん。

一度、スキー競技をはなれ復帰する時、両親に手紙を送って

自分の気持ちを伝えたそうです。

両親、特に鈴木沙織さんの父はスキーをしている娘を自慢し

応援してくれているそうです。

鈴木沙織さんは両親が最大限に喜んでくれるのはオリンピックだと

子供心に思っていたそうです。

鈴木沙織さんは本当にスキーが好きで、口癖が「スキーしたい」

購入する雑誌もスキー関連の物でスキーをするために生まれた

ような人です。

そして怪我をして長期のリハビリをすることになっても

自分に何か足りないものがあったとこのタイミングで

気付けてよかったと前向きでした。

めげずにリハビリに取り組む姿を見て重度の患者に

「私も負けてられない」などと声をかけらてたことが

モチベーションになったそうです。

オリンピックに出ることで、沢山の人に見てもらえて

鈴木沙織さん自身が誰かのモチベーションになれればと

考えているそうです。

女子では苦手な選手が多い後ろ向きのジャンプを武器に

平昌オリンピックでメダルを獲得してほしいですね。

スポンサード リンク
 




 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。