岡田章宏(バリスタ)の結婚と妻と子供について!年齢とプロフィールもリサーチ!

こんにちは。なかどんです。

お茶の時間はほっとする時間ですよね。

毎日、コーヒータイムを楽しむ方は多いでしょう。

今回はコーヒーの専門家、バリスタの岡田章宏さんをご紹介します。




岡田章宏(バリスタ)の結婚と妻と子供について!

岡田章宏さんは31歳の時、小川珈琲店でアルバイトとして働き始めます。

この時すでに結婚していたそうです。

妻は夫が時給800円のアルバイトとして転職することに対し応援して

くれたそうです。

なかなか肝が据わっている妻ですね。

一時期は岡田章宏さんが妻の扶養に入っていたそうですよ。

ということは妻も働いている方なんでしょうね。

今も岡田章宏さんは妻に感謝しているそうです。

子供のことに関しての情報が探せなかったので

子供についてはわかりませんでした。

もし子供がいるなら岡田章宏さんのようなかっこいいお父さんは

自慢でしょうね。

岡田章宏さんのカフェから見える、自身が通った小学校に子供が

通っていたのかもしれません。

スポンサード リンク
 




 

年齢とプロフィールもリサーチ!

岡田章宏さんは1971年生まれの京都市出身です。

1971年生まれというと年齢は46~47歳ですかね。

岡田章宏さんの実家は呉服製造業で男三兄弟の次男として育ちました。

子供の頃から目立つのが好きで小学校、中学校でも部活のキャプテン、

高校では生徒会長を務めるなど人前に出るのが大好きだったそうです。

高校卒業後は人に関わることが好きでバー&レストランで働いていました。

岡田章宏さんは男三兄弟の中でコミュニケーションスキルが一番高かったため

家業を継ぐため20歳から高級呉服店で丁稚奉公をしていたそうです。

そこで10年間修行しましたが家業の業績が上がらず修行先の高級呉服店も

バブル崩壊の影響で廃業することになります。

転職を考えていたときに得意のコミュニケーションスキルを活かせて

人と関われることができるとサービス業を選んだそうです。

喫茶店好きの母と喫茶店を経営していた祖母の影響でコーヒー好きだった

岡田章宏さんは京都の老舗コーヒー焙煎メーカー小川珈琲で働き始めます。

2002年、岡田章宏さんは31歳で時給800円のアルバイトからのスタートでした。

アルバイトの中で年齢が一番上で社会人経験もありコミュニケーション

スキルがあったためやがてスタッフをまとめる立場になったそうです。

まもなく業界の専門誌に載っていたバリスタという存在を知ります。

バリスタ日本一や世界一を決める大会も開かれているなら自分が目指そうと

勉強をはじめました。

勤務先の小川珈琲ではまだバリスタの認知度が低かったため、東京の有名な

バリスタをアポなしで訪ね技や知識を学んだそうです。

2004年に社員となり小川珈琲で日本一のバリスタを育成するプロジェクトが

立ち上がり岡田章宏さんが抜擢されます。

バリスタとしての修行を本社研究室で一人黙々と始め、東京で知り合ったバリスタに

相談したり本場イタリアのバールなどで修行を積みます。

コーヒーが幼いときから身近で好きだったので岡田章宏さんは楽しんで修行

したそうです。

半年後にはジャパンバリスタチャンピオンシップに会社の代表で初出場し、その後

毎年順位を上げていきました。

そしてジャパンバリスタチャンピオンシップ2008-2009で優勝、念願の

日本チャンピオンを獲得します。

ワールドラテアートチャンピオンシップ2008では3位に入賞しました。

日本一も凄いですが世界大会での3位って凄いですよね。

それからは小川珈琲の広告塔として、チーフバリスタとして後進の指導、

セミナー講師など忙しく活動して行きます。

小川珈琲で地位も名誉もある立場になった岡田章宏さんですが

バリスタの道を選んだ目的は喫茶店のマスターになることだったので

2016年11月に小川珈琲を退社し自分のカフェをオープンします。

 

オカフェとは

岡田章宏さんがオープンしたカフェはOkaffe Kyoto(オカフェ キョウト)。

店名は周囲から反対されたそうですが、岡田が京都で開く店という明確な

コンセプトがあったため決めたそうです。

自分の生まれ育った京都の地元で店をオープンしたいとこだわりがあったので

店探しは大変だったそうです。

岡田章宏さんの地元は飲食店がひしめく激戦区で、行く先々の不動産屋さんに

無理だと言われたそうです。

じゃあ自分で探してやる!と最後の不動産屋さんを出て徒歩10分で今の

場所を見つけたそうです。

年配の女性が経営する昭和の喫茶店で立地も広さも理想的、幸運なことに

小川珈琲から長年コーヒー豆を仕入れていて小川珈琲に大変いい印象を

持っていたため岡田章宏さんも信用できると思ってくれたそうです。

そこから一気に独立の計画が進んでいきます。

岡田章宏さんの店Okaffe Kyoto(オカフェ キョウト)のコンセプトは

コーヒーを介して会話をしお客様を笑顔で元気にすること。

岡田章宏さんが修行したイタリアではお客様はバリスタにつくそうです。

お気に入りのバリスタが店を移ったらお客様もそこに移る、誰が淹れたコーヒー

なのかが重要なのだそう。

バリスタなら美味しいコーヒーを淹れて当然、ラテアートが上手いのも当然

コーヒーというエンターテイメントを通してお客様を楽しませて元気にする

サービスを提供するのがバリスタだと思っているそうです。

チェーン店とは違う良さがありますね。

岡田章宏さんが自負するコミュニケーションスキルで元気になりたいとき

Okaffe Kyoto(オカフェ キョウト)に足を運んでみてはいかがでしょうか。

心のこもったおもてなしで岡田章宏さんの淹れる美味しいコーヒーを

いただけると思います。

スポンサード リンク
 




コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。