西原博史(早稲田大学)の家族が気になる!妻と子供は?経歴も紹介!

今回はクローズアップ現代、あさイチなどのメディアにも出演した事がある

早稲田大学社会科学総合学術院教授の西原博史(にしはらひろし)さんをご紹介します。




西原博史(早稲田大学)の家族が気になる!

西原博史さんの父は刑法学者で、元早稲田大学総長の西原春夫さんです。

叔父は早稲田大学名誉教授(刑事政策)の須々木主一さんです。

早稲田大学と関係が深い家族なんですね。

家族ではありませんが一橋大学教授の阪口正二郎さんとは早稲田大学から

の親友でした。

スポンサード リンク
 




 

妻と子供は?

西原博史さんは結婚していたのでしょうか。

西原博史さんのTwitterやフェイスブックをみても

プライベートなことはほとんどありませんでした。

ですので妻と子供がいるのかに関しての情報はわかりませんでした。

 

経歴も紹介!

西原博史さんの経歴をみていきましょう。

 

西原博史さんは1958年9月7日生まれ、早稲田大学法学部卒。

職業は日本の法学者、早稲田大学社会科学総合学術院教授です。

専門は、憲法学・比較憲法学・教育法です。

 

1992年に早稲田大学大学院法学研究科博士課程後期課程を満期退学し

同年、早稲田大学社会科学部専任講師になりました。

1994年に早稲田大学助教授になり1996年に法学博士取得(早稲田大学)します。

1999年に早稲田大学教授になり2004年には早稲田大学社会科学総合学術院教授

を努めました。

2014年に早稲田大学社会科学部長になりました。

 

2005年~2008年には早稲田大学社会科学部のほか東京大学教育学部で

2007年には東北大学法学部、2009年~2012年は大学院教育学研究科

でも教鞭を執りました。

 

性格は?

西原博史さんの画像を拝見し見た目だけで判断すると

柔和な感じを受けます。

職業を聞かないと普通に優しそうな印象です。

でも大学教授で専門が憲法学、比較憲法学、教育法なんて聞くと

堅苦しいイメージですが西原博史さんはどんな性格の方だった

のでしょうか。

西原博史さんは院生時代に試験監督をしていて不正者を次々と摘発し「追撃王」

の異名をとったという逸話があったとか。

正義感あふれる真っ直ぐな性格なんでしょうね。

 

早稲田大学のホームページには西原博史さんが

通称にっしーと呼ばれていることが載っていました。

にっしーこと西原博史さんは堅苦しい分野の専門家でありながら

学生に近い目線を持とうとしている方のようです。

西原博史さんの身長や体重など体格は画像で見る限り

わかりませんが、西原ゼミの男子学生より体力があったようです。

私の勝手なイメージですが大学教授で体力があるなんて

あまり結びつかないですね。

それとも体力があるから研究に没頭できるんでしょうか。

西原博史さんは食事会のあと、23時ころに研究室に戻って

仕事を再開することもあったそうです。

23時から仕事を再開なんて信じられないですね。

研究に対する情熱の熱量がハンパないんでしょうね。

西原博史さんは愛犬家でもあるようですよ。

犬小屋ごと船に運び込んで家族と優雅な旅をしたとか。

Twitterのアイコンの黒い犬が愛犬なんでしょうか。

麻呂眉がチャームポイントの可愛い犬です。

詳しくないのでわかりませんが犬種は柴犬かな?

違っていたらごめんなさい。

いい表情なので愛されているのがわかりますね。

 

著書を紹介

西原博史さんの著書をご紹介しますね。

難しそうな内容ですが、中には子供向けの本もありますので興味のある方は

読んでみてください。(2002年に出版されたドイツ語の本は除きました。)

1995年『良心の自由』(成文堂)

2001年『良心の自由〔増補版〕』(成文堂)

2003年『平等取扱の権利』(成文堂)

2003年『学校が「愛国心」を教えるとき』(日本評論社)

2004年『教育基本法「改正」――私たちは何を選択するのか』(岩波ブックレット)

2006年『良心の自由と子どもたち』(岩波書店)

2008年『子どもは好きに育てていい』(NHK出版)

2009年『保護と自律――憲法上の人権保障が意味するものをめぐって』(成文堂)

2014年『うさぎのヤスヒコ、憲法と出会う』(太郎次郎社エディタス)

『良心の自由と子どもたち』は専門的なことを一般にわかりやすくした本で

私のように知識がなくても読みやすそうです。

『子どもは好きに育てていい』は学校が子供のしつけにどの程度関わるべきか

考えさせられる内容のようです。

『うさぎのヤスヒコ、憲法と出会う』は小学生から読める憲法の本ですからもちろん

大人にもわかりやすい内容となっていそうですね。

興味のある方はこのあたりから読んでみてはいかがでしょうか。

 

スポンサード リンク
 




コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。