黒木優太(オリックス)の彼女は?弟と家族も気になる!ジョニーを超えたか!?

こんにちは。なかどんです。

もうすぐ球春ですね。

様々な選手の中でも今季注目の若手選手で新ポジションでの

さらなる飛躍が期待されるオリックス・バファローズのルーキー

黒木優太(くろきゆうた)さんを今回はご紹介します。

黒木優太さんは1年目から55試合に登板し今季は2年目です。

オリックスの守護神を長年に渡って務めてきた平野佳寿さんが退団した

穴を埋める有力候補として期待されています。




黒木優太(オリックス)の彼女は?

黒木 優太(くろき ゆうた)さんは1994年8月16日生まれの23歳。(2018年現在)

神奈川県横浜市港北区出身です。

179cm、78kg。

オリックス・バファローズに所属するプロ野球選手(投手)です。

右投左打。

若手のプロ野球選手で気になるのは彼女の存在です。

黒木優太さんに彼女はいるのか調べてみました。

黒木優太さんのTwitterを見てみたところ男子率の高いこと!

女性は大ファンである倖田來未さん(ジャケ写)くらいです。

野球ボールの出現率も高いですね。

野球が大好きなのがわかります。

ルーキーと言われるのが嫌いでどんどん試合で投げていきたいと

思っている黒木優太さん。

今は野球に一直線で彼女はもう少し先の話ですかね。

スポンサード リンク
 




 

弟と家族も気になる!

黒木優太さんは母まりさんと2歳下の弟の3人家族のようです。

母子家庭で母まりさんは看護師として朝から晩まで働き家族を支えてきたそうです。

忙しい母まりさんは小学校の授業参観には仕事の合間を縫って駆けつけてくれ、

終わるとすぐ仕事に戻って行ったそうです。

そんな母の背中をみて育った黒木優太さんは小学校3年生から朝起きると2歳下の弟の

身支度を整え、夜勤明けの母まりさんのためにおにぎりを握って出かけていたそうです。

黒木優太さんは横浜市立北綱島小学校2年生の時から軟式野球チームのブラックシャーク

に所属していたとのことで野球をしながら弟の面倒も見ていたんですね。

黒木優太さんは優しいお兄ちゃんで親孝行なんですね。

念願のプロ野球選手になったことでたくさん親孝行が出来ますね。


 

ジョニーを超えたか!?

黒木優太さんは背番号「54」です。

なぜこの背番号を選んだのか理由は2つです。

元千葉ロッテの投手、黒木知宏さんの背番号だったからです。

偶然にも黒木という同姓で投手、投球スタイルも

気持ちを全面に押し出すタイプで参考にしているそうです。

あと同じ黒木姓なのでプロ野球選手になって自分の名前を早く覚えて

もらえるように選んだとのことです。

黒木で投手といえば元千葉ロッテの黒木知宏さんのイメージがあり

背番号54です。

黒木知宏さんのニックネームがジョニー黒木ということで

あやかって早く名前を覚えてほしいんでしょうね。

そして偉大な選手の背番号を自ら選んで背負ったからには

本家ジョニー黒木を超える覚悟だと思います。

 

倖田來未の大ファン!

黒木優太さんといえば倖田來未さんの大ファンで知られています。

グローブに倖田來未さんのロゴ刺繍をいれるくらい大ファンです。

勝った時は「LIFE so GOOD!!」負けた時は「WALK OF MY LIFE」など

状況に応じて聴く曲が決まっているそうです。

だからオリックスでの登場曲に、倖田來未さんの楽曲「LIFE so GOOD!!」を

使っているんですね。

きっかけは友人のすすめだったそうですが気持ちを上げるために聴いたり

寝る前に聴いたりとすっかり日常になっているようです。

黒木優太さんはプロ野球選手になって初任給で念願の倖田來未さんの

ファンクラブに入会しました。

大ファンならもっと早く入会すればいいのにと思うのですが

自分で稼いだお金で入りたかったんですって。

倖田來未さんの公式ファンクラブの入会費用は5200円ですよ。

なんて好青年!

このコメントに私の中の好感度めちゃくちゃアップです。

倖田來未さんは卓球女子日本代表の石川佳純さんをイメージした曲を

作ったことがあるそうなので、黒木優太さんももっと活躍して

倖田來未さんに早く自分の応援歌を作って貰えるといいですね。

 

まとめ

黒木優太さんは2016年ドラフト2位でオリックス・バファローズに

入団しました。

小学校2年生から野球を始め橘学苑高等学校に入学後、2年生の夏までは

遊撃手でした。

その後は強肩を買われて秋から投手に転向し短期間で最速146km/hの

ストレートを投げられるまでに成長しました。

激戦区神奈川で甲子園出場はないものの高校3年生のときにプロ志望届

を出しています。

しかしその時はどの球団からも指名がありませんでした。

立正大学に進学し最速154km/hの火の玉ストレートとスライダー、カーブ

フォークなどの多彩な変化球を武器に活躍します。

そして2度めのプロ志望届を提出してオリックスに入団しました。

黒木優太さんは投手経験は高校2年の秋からと浅いですが三振を獲れる

投手ですからファンの期待に十分応えてくれるのではないでしょうか。

ジョニー黒木さんの背番号54を背負い更に超える存在になって欲しいですね。

 

スポンサード リンク
 




コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。