フジコヘミングの現在と海外での評価について!年収や弟も調査!

今回は魂のピアニストと称されるフジコヘミングさんについてです。

正直、クラシックはちんぷんかんぷんなのでフジコヘミングさんという名前

から日本人と関係があるのかな?名前は聞いたことあるなあくらいの認識でした。

昔から著名なピアニストと思いきや、フジコヘミングさんは1999年にNHKの

ドキュメント番組で紹介され一夜にして有名になった方だそうです。

独特の雰囲気を持つフジコヘミングさんはピアノの演奏も他のピアニストと

違い、それが魂のピアニストといわれる所以なのでしょう。

では、フジコヘミングさんについてみてみましょう。




フジコヘミングの現在は?

フジコヘミングさんは本名をゲオルギー・ヘミング・イングリッド・フジコと

いい、父親がロシア系スウェーデン人の画家・建築家のヨスタ・ゲオルギー・

ヘミングさん、母親は日本人でピアニストの卵の大月投網子さんです。

ベルリンに生まれましたが生年月日は非公開のため年齢は不明です。

フジコヘミングさんは芸術一家に生まれたんですね。

幼少期に日本に移住しますが、軍事色が濃くなる日本に家族を残し

父のヨスタさんはスウェーデンに帰国してしまったそうです。

依頼ピアノの家庭教師をしていた母親の手一つで東京に育ちました。

5歳から母親の指導で大人のような超スパルタでピアノを習い始めます。

フジコヘミングさんは16才のときに中耳炎で右耳の聴覚を失いますが

厳しいレッスンを乗り越え青山学院高等女学部在学中の17歳で初のコンサート

を開催、NHK毎日コンクールなど多数のコンクールで入賞しました。

東京藝術大学卒業後、ベルリン留学を熱望していたフジコヘミングさん。

父方のスウェーデン国籍を持っていましたが、18歳までに1度も訪れたことが

ないため当時の規則で国籍が抹消されていたのです。

当時の日本は父系血統主義のため日本国籍を取ることも不可能でした。

パスポートを取ることができないフジコヘミングさんは難民としてベルリンの

国立ベルリン音楽大学(現・ベルリン芸術大学)へピアノ留学を果たします。

大学卒業後はウイーンに渡り、35歳で世界的な名指揮者レナード・バーンスタイン

さんに認められますが、中耳炎が再発し左耳も聴力を失いリサイタルは中止に。

人生最大のチャンスを逃したフジコヘミングさんはピアノへの情熱は

忘れませんでした。

失意の中ストックホルムに移り、耳の治療をしながらピアノ教師の資格を取得します。

そして教師として働きながらコンサート活動を続けました。

そして1999年に奇蹟が起きます。

NHKのドキュメント番組でフジコヘミングさんの激動の半生とピアノ演奏が放送され

大反響を巻き起こしました。

デビューCD『奇蹟のカンパネラ』はクラシック界では異例の200万枚を超えるセールス

を叩き出し、現在もその記録を更新続けています。

現在はスウェーデン国籍を取得、日本、アメリカ、ヨーロッパでピアニストとして

1年に50回以上のコンサートを開催しています。

 

【楽天】
 

海外での評価について!

フジコヘミングさんのピアノ演奏は聞く人によって評価が極端に分かれます。

ミスタッチが多く、一部のクラシック音楽ファンや専門家から『下手』と

言われているそうです。

フジコヘミングさんのスローテンポで旋律を独自のものに変える演奏が原因

ではないかといわれています。

技術的なことがわからない私は、敷居が高く感じるクラシック音楽を

どんなきっかけであれ聴いて心を動かされるなら愛好家が増えていいの

ではないかと思ってしまいますが。

フジコヘミングさんの『ラ・カンパネラ』を視聴しましたが、他の演奏者と

比べ確かにスローテンポではありました。

でもドラマチックで涙が出たと評価される方が多いのもうなずけました。

フジコヘミングさんの人生と心で奏でる演奏が重なって魂のピアニスト

といわれるのではないかと思いました。

フジコヘミングさんは海外でもコンサートを開催していますが、観客の

9割は日本人だそうです。

フジコヘミングさんは日本人に絶大な人気があるんですね。

日本ではドキュメンタリー番組で有名になったフジコヘミングさん、

海外では知名度がまだ低いのかもしれませんね。

コンサートに足を運んだ海外の方がフジコヘミングさんをどう評価するかは

日本と同じようにフジコヘミングさんの音楽感に共感するかしないかで

分かれるのではないかと思います。

 

年収や弟も調査!

音楽家として生計をたてるのは非常に難しく、東洋経済新聞によるとプロの

クラシック演奏者の年収は1000万以上が数十人、500万以上が150人程度、

300万以上が 300人程度、100万以上が1000人、100万以下が5000人、

あとは年収ゼロだそうです。

フジコヘミングさんはトップグループに含まれると思われますが明確な

年収はわかりません。

フジコヘミングさんは現在、自宅で猫に囲まれながら一人暮らしを

しています。

貧困時代に猫が支えてくれたから今の自分があるといい、動物愛護に

従事しています。

またアメリカの同時多発テロや東日本大震災の支援のためチャリティ

コンサートを開催し、出演料を寄付しています。

フジコヘミングさんには弟さんがいらっしゃいます。

映画や舞台、テレビ時代劇、特撮作品に出演されている大月ウルフさんという

現役俳優です。

最近では『仮面ライダードライブ』のハーレー・ヘンドリクソン博士役。

1975年の仮面ライダーストロンガーから出演されているようです。

悪役をすることが多いですが元祖仮面ライダー俳優です。

下北沢の自宅1階にある不定期オープンのカフェ・テアトロ「ラ・カンパネラ」

フジコヘミング記念芸術館のオーナーでもあります。

 

 

まとめ

高齢になって(推定60代)日本で脚光を浴びた遅咲きのピアニスト

フジコヘミングさん。

ピアニストとして活躍するしながら絵も描いています。

独学で銅版画、シルクスクリーンなどの作品を制作しパリで銅版画展

が開催され反響を呼びました。

音楽だけでなく絵画の才能にも恵まれているんですね。

苦難の半生を生きてきたフジコヘミングさん。

これからもお元気で聴く人の心に響くピアノ演奏を続けてほしいですね。

 

スポンサード リンク
 




コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。