フランソワーズモレシャンの今現在について!夫と娘は?金沢移住の理由も調査!

こんにちは。

現在、メディアで活躍している外国人タレントは数多くいらっしゃいます。

外国人タレントの走りといえば、フランソワーズモレシャンさん。

若い方はご存じないと思いますが、なんかオシャレで美人な外国人タレント

という方でした。

でもフランソワーズモレシャンさんて本業は何をされているのでしょうか。

そもそもなんで日本に来たのか、今現在のフランソワーズモレシャンについて

調べてみました。




フランソワーズモレシャンの今現在について!

 

【楽天】
 

フランソワーズモレシャンさんは亡命ポーランド人で技師の父と教員の

フランス人の母のもとに1936年3月29日にパリ、モンパルナスで生まれました。

ドイツ軍占領時代のパリに育ち、人に何かを伝えたいという使命感が

子供時代からあったそうです。

教員の母の影響なのかフランソワーズモレシャンさんは中国語かロシア語の

通訳を目指していたそうです。

フランソワーズモレシャンさんは敗戦国日本の将来性にかけソルボンヌ大学、

日本語学科を卒業後1958年に来日します。

フランソワーズモレシャンさんは、大学時代の尊敬する恩師からの

『日本は20年後には必ずトップにくる国』という言葉から日本語を勉強し

始めたそうです。

来日後は自宅でフランス語教室を開きながら、外務省やJALでフランス語を

教えていたそうです。

その評判でなのかNHKの「フランス語初級講座」の講師で人気を集めます。

その後は多数の番組に出演するようになりました。

フランソワーズモレシャンさんのパリジェンヌらしい小粋でオシャレな

ファッションや髪型が女性の注目を集めたそうです。

フランソワーズモレシャンさんは当時の日本女性のファッションリーダー

だったのかもしれませんね。

人気者のフランソワーズモレシャンさんは1964年に一旦フランスに帰国し

クリスチャン・ディオール、レブロンを経てシャネルの美容部長として

1974年に再来日します。

ファッションアドバイザーとしても活躍しファッションジャーナリストの

草分け的存在になります。

石川県加賀市にて衣食住のトータルなライフスタイルを学ぶ「もれしゃん塾」

を主宰、ファッションジャーナリスト、エッセイストとして現在に至ります。

フランソワーズモレシャンさんは長年の日仏文化交流への貢献が認められ

フランス政府から1981年、国家功労章シュバリエ叙勲を受章、

他にも受章されていますが一番最近では2009年に国家功労章の最高勲位

コマンドゥール叙勲を受章されています。

 

スポンサード リンク
 




夫と娘は?

フランソワーズモレシャンの今現在の夫は永滝達治(ながたき たつじ)さんです。

永滝達治さんは日本のフランス音楽・映画評論家、翻訳家でフランスに関わりが

あるのでフランソワーズモレシャンとの出会いのきっかけになったのでしょうか。

フランソワーズモレシャンさんが1974年に再来日したとき、前夫と離婚したばかり。

娘のアガタモレシャンさんを連れての再来日でした。

永滝達治さんはフランソワーズモレシャンさんより10歳年下でしたが

良き相談相手だったそうです。

フランスの文化に詳しい永滝達治さんだったからでしょうね。

そしてフランソワーズモレシャンさんは当時はまだ珍しかった国際結婚をしたのです。

 

金沢移住の理由も調査!

フランソワーズモレシャンさんは夫の永滝達治さんと結婚後、2012年に

本格的に金沢に移住されています。

夫の永滝達治さんはその前から金沢に移住されていたそうなので度々

訪れていたのでしょうね。

フランス人はセーヌ川を愛し誇りに思っているそうです。

セーヌ川沿いには美術館や古い歴史的建造物が多く存在し、その景観を壊す

ことをしてはいけないのだそうです。

現代風の建物はもってのほか、仮に新しくするなら過去の建物を再現する

ように建てなくてはなりません。

フランスでは文化度の高いものが評価されるのです。

フランソワーズモレシャンさんが金沢に移住した理由もそこにあります。

金沢では景観を守る条例を5ヶ所、設置しています。

フランスのセーヌ川に当たる金沢の犀川(さいがわ)にはよく見かけるような

『遊ぶな!危険!』といった標識がありません。

金沢の景観を守る姿勢に共感しフランソワーズモレシャンさんは金沢に

移住されたそうです。

サントリーのCM出演?

 

【楽天】
サントリーのエファージュのCMの女性モデルがフランソワーズモレシャン

さんではないかと話題になりましたね。

60代以上の年齢肌用基礎化粧品のCMで、雰囲気のある年配の外国人女性が

出演されていました。

ベリーショートが似合っていて、こんなふうに年を重ねたいと思うような

洗練された女性でした。

結論を言うとこのCMの女性は我妻マリさんという方でフランソワーズ

モレシャンさんではありません。

我妻マリさんはモデル歴50年の大ベテランです。

フランソワーズモレシャンさんに負けず劣らずの魅力的な方ですね。

 

まとめ

フランソワーズモレシャンさんが日本に再来日し、日本人の夫、永滝達治さんと

結婚して40年以上経ちます。

メディアで頻繁に見かけることはありませんが、移住した金沢で

『私の金沢』というエッセイを読売オンラインで連載しています。

フランソワーズモレシャンさんの故郷パリが大阪に似てる?とか

フランスと日本をジューサーで混ぜれば天国ができるとか、

なかなか面白いエッセイでした。

フランス人目線で日本の魅力を発信していました。

興味のある方は読んでみてはいかがでしょうか。

 

スポンサード リンク
 




 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。