ブルースティックの使い方と口コミ!液体は?どこで買えるかも調査!

毎日のお洗濯で落ちきらない汚れ皆さんどうしてますか。

ワイシャツの襟汚れ、作業服や野球のユニフォームの泥汚れなど頑固な汚れは浸け置き洗いで

もスッキリ落ちず気持ち薄くなる程度。

手洗いして汚れが落ちればいいんですけど労力を使った割に落ちていないこともしばしば。

洗濯しているのに清潔に見えず気持ち悪いですよね。

そんな頑固でしつこい汚れには専用の洗剤を使ってみませんか。

今回は口コミで人気の油汚れ、泥汚れも真っ白に落とすと評判の石けんブルースティックを

ご紹介します。

このブルースティックは横須賀刑務所で受刑者の方々が作っている1997年に販売以来

リピーターが多い人気の石けんです。

その名の通りブルーのスティック状の石けんで、1本150g、長さ14.5×奥行3×高さ3.5cmと

ちょうど良い大きさで使いやすい石けんです。

何より汚れが落ちると口コミで評判のブルースティックについて調べてみました。




ブルースティックの真っ白になる使い方は?

ブルースティックの使い方は簡単です。

①汚れている部分をぬらす

②ブルースティックを汚れ部分にすり込む

③すり込んだ部分をもみ洗いして洗濯機へ

このひと手間を加えるだけで汚れ落ちが断然違うといいます。

強力な洗浄力と聞くと手荒れが心配ですが、ブルースティックはカラリアン包装紙で

包まれています。

直接ブルースティックに触れることなく使用出来ます。

カラリアン包装紙はどこからでも切れるので使いたい分だけ包装紙を剥がし使うことが

できます。

でも一部手荒れをしたという口コミもあったので心配な方はゴム手袋を使用すると

安心ですね。

ブルースティックの成分は脂肪酸ナトリウム、LAS、脂肪酸アルキロールアミド、除菌剤、

ケイ酸塩、香料です。

泥汚れに強い石けんと油汚れに強い合成洗剤、両方のいいとこ取りの汚れ専用洗剤です。

付いたばかりの新しい汚れから、蓄積された古い汚れまで落とすすごい実力です。

1週間で黒く汚れる子供の上履きもブルースティックを使うとみるみる白くなります。

除菌効果もあり臭い対策にもいいです。

実際にブルースティックを使用した口コミをみると

・TVショッピングの実演のように落ちる

・息子の野球のユニフォームが真っ白になった

・ボールペンの汚れが落ちた

・赤ちゃんの布おむつの汚れもきれいに落ちた

など色々な汚れが落ちています。

気になるのはどれ位もつのかですが1本で20着程度洗えるそうなのでコスパもいいですね。

ブルースティックは崩れにくく最後までしっかり使えるそうです。

スポンサード リンク
 




 

液体もチェック!

ブルースティックは液体タイプもあるのはご存じですか。

2018年2月24日に潮風アリーナで開催された刑務所作業製品の即売会でブルースティックの

液体タイプが新商品として販売されました。

ブルースティックより洗浄力と使いやすさを向上させた商品とのことです。

確かに液体タイプの方が染み込みやすいですものね。

生産が追いつかないのか公式サイトにはなく、AmazonとYahoo!ショッピングで販売されて

います。

容量は250mlでAmazonで980円、Yahoo!ショッピングで1600円とスティックタイプより

割高です。

液体タイプは通常のブルースティックより洗浄力が向上しているそうなのでスティックタイプ

でもし落ちない汚れがあったら試してみるのもいいのではないでしょうか。

 

どこで買えるかも調査!

 

【楽天】
 

ブルースティックは刑務作業で制作された刑務所作業製品(CAPIC)なのでスーパーや

ドラッグストアなどでは販売していません。

ブルースティックを買えるのは刑務所内の販売所かCAPICネット販売、各地で開催される

展示販売会などです。

ブルースティックを買うために刑務所に行くのは大変なのでネット通販で買う方が多いです。

公式サイトではブルースティック3本組2個セットで540円(税込)でした。

公式サイトによるとブルースティックは好評で品薄状態が続いており2セットまでの

購入制限があります。

生産が安定するまで購入制限解除は未定とのことでした。

Amazon、楽天でもブルースティックを販売していますが公式サイトより高めでした。

どちらでも送料のこともあるのでまとめ買いが経済的、誰かと共同購入が良さそうです。

 

まとめ

口コミで人気のブルースティック、評判になるのもわかる汚れ落ちでした。

今でも品薄状態で手に入りにくいのにメディアで紹介されたら、ますます入手しづらく

なります。

欲しい方は早めの購入をおすすめします。

スポンサード リンク
 




コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。