アルフレッドティールームのタンブラーやトートをチェック!グッズの通販もリサーチ!

こんにちは。なかどんです。

2017年10月31日にLA発のティールームアルフレッドティールーム

(ALFRED TEA ROOM)がオープンしました。

アルフレッドティールームは日本初上陸で青山本店、ルミネエスト新宿店の

2店舗のみです。

自分の意志で自由に生きる活気あふれる全ての女性に向けて

お茶による癒やしと、お茶を自由に楽しむティーブランドです。

外観も内装もミレニアルピンクで彩られたデザインで厳選した茶葉を使用、

本格的な美味しさをカジュアルに提供しています。

ミレニアルピンクって聞きなれない色ですよね。

どんな色なのかというと「淡いグレーがかったピンク」だそうです。

2000年前後に生まれた世代(ミレニアル世代)がファッションに淡いピンク色を

多用していたことから名付けられた色名です。

本家LAのアルフレッドティールームはLAのメルローズプレイスに2016年5月に

オープンしたセレブリティ御用達のお茶の専門店です。

通りの向かいには兄弟店のアルフレッドコーヒーショップもあるそうです。

もとはアルフレッドコーヒーショップが人気店でアメリカ国内に6店舗

あり、派生してアルフレッドティールームが誕生しました。

近ごろのヘルシー志向でお茶への関心がLAで高まっていてこだわり抜いた世界の

厳選茶葉(紅茶、日本茶、抹茶など)が高く評価されています。

メニューにはタピオカ入りミルクティーやストロベリーミルクティーの他

日本の店舗限定のほうじ茶を使用したティーメニューがあります。

ピンクドリンクと呼ばれるピンクのミルクティーは野菜のビーツとストロベリー

を使って鮮やかなピンク色を出しつつ紅茶の風味をいかした人気メニューです。

フードメニューは花束をイメージしたピタサンド、野菜がたっぷりとれます。

白砂糖や卵や乳製品、小麦粉不使用のグルテンフリーのスイーツやスコーンは

ヘルシーでお茶に合いそうですね。

ティーメニューはティーマイスター伊藤孝志さんが監修。

スイーツメニューは鎌倉ナチュラルスイーツ専門店「hal cafe 229」パティシエの

岡田春生さんが開発しました。

上品だけど自由に自分の意志で生き方を決める強さを持った女性をターゲット

にしているアルフレッドティールーム。

女性が喜ぶポイントを心得ていますね。




アルフレッドティールームのタンブラーやトートをチェック!

アルフレッドティールームではかわいいオリジナルグッズの販売もしています。

店内にグッズコーナーが設置されており、アルフレッドティールームの

ネオンサインなど店内の様々なところに使われている「Tea, Yes. You, maybe.」

のロゴはオリジナルグッズにもプリントされています。

LAで販売されている「オリジナルピンバッチ」(1800円、税別)以外は

日本のアルフレッドティールーム限定販売です。

オリジナルトートバッグ(1800円、税別)

ピンク、白の2色展開のオリジナルマグカップ(1200円・税別)

個人的に気になるタンブラーは販売されているのかわかりませんでした。

気になる方はアルフレッドティールームの店舗に足を運んでみて

くださいね。

スポンサード リンク
 




 

グッズの通販もリサーチ!

おしゃれで可愛いアルフレッドティールームのグッズ。

ほしいけど東京のお店には行けない地方在住の方に便利なのが

グッズの通販です。

アルフレッドティールームのオリジナルグッズの通販もリサーチ

してみました。

まずは通販といったら楽天とアマゾンですね。

残念ながらAmazonでは取り扱いがないようでした。

楽天ではトートバッグ小(2678円、税別)とトートバッグ大(4644円、税別)

タンブラー・ピンク(5480円、税別)が販売されています。

BUYMAでもトートバッグ(3800円、税込)タンブラー・ブラック(5800円、税込)

マグカップ・ピンク(4900円、税込)が販売されています。

BUYMAで取り扱っている物はLAのアルフレッドティールームから仕入れた

グッズのようです。

グッズが可愛いのでアルフレッドティールームのサイトで通販をしてもらえれば

嬉しいんですけど現在はないようです。

 

まとめ

アルフレッドティールームはビジュアルの可愛さはもちろん、世界中から

厳選した茶葉を使って提供するティーメニューは本格的なブランドです。

お茶の固定観念を一切とりはらって、お茶の上質さはそのままに

いい意味でカジュアルに、お茶が苦手な人にも美味しく飲めるように工夫したそうです。

ピンクの外観も店内もどこを撮ってもフォトジェニックでインスタ映え

まちがいなしのアルフレッドティールーム。

ドリンクのパッケージやお店の雰囲気、そしてアメリカのLA発ということで

かなり甘~いんじゃないの?と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが

日本のティーメニューの味を監修したのはティーマイスター伊藤孝志さんと

スイーツメニューはパティシエの岡田春生さんですから見た目に反して

甘さ控えめだそうなのでご安心を。

もちろん厳選した茶葉のオリジナルティーメニューも美味しく女性なら

ぜひいってみたいお店ですね。

 

スポンサード リンク
 




コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。